会社の業績に左右されるボーナスについて

 会社員として働いていると、毎月の月給の他にボーナスが支給されることがある。
年に1回だったり2回など、回数は会社によりけりだが、臨時収入のようなものなので、貰えると思わず笑みがこぼれるものだ。
ただし、全く制度として導入していない企業もあるので、ボーナスを当てにしている人は、就職や転職の際には、面接時に確認する必要があるだろう。

 金額は会社や地位によって様々だが、できれば金額は大きい方が嬉しいと思う。
そこで、いかにして金額を上げるかを考える人は少なくないと思うが、これは社員の場合は身を粉にして働くしかないだろう。
ボーナスというのは会社の気まぐれや人間の好き嫌いで金額が増減するのではなく、業績によって支給額が変わる。
業績が良ければ金額は増える可能性が高いし、逆に悪ければ雀の涙程度になっても不思議ではない。

 なので、たくさん会社からボーナスを貰いたいのであれば、自身が努力して会社を盛り上げていくしかない。
努力をして重役になったり、重要な仕事を任せられるようになると必然的に多くのお金を手にすることができるだろう。

 公務員の場合は、期末手当や勤勉手当という名に変わり、一定のお金が支給される。
国家公務員は法律、地方公務員は条例によって定められており、在籍日数などが金額に大きく関係してくる。
ボーナスが増えるように努力して仕事で結果を残せば、周囲からの信頼を得ることができるので、昇進も可能になるだろう。
そうなれば月給が上がるので、ボーナスアップも期待できる。
だから、一生懸命仕事を頑張ることがボーナス支給や金額アップの近道なのだと私は思っている。